天然更新筋にアカエゾマツ植樹を行いました

2016年5月21日〜22日、春の森の育て親同窓会《アカエゾマツ植樹》には、期間中17団体・149名の「森の育て親」の皆さんにご参加いただきました。
当日は道内各地で真夏日になる暑さ、現地も快晴で遮る樹木の少ないフィールドでは気温27度。皆さん熱中症に注意し、一人約10本のアカエゾマツ苗木を、楽しみながら植樹してくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
強い日差しのフィールドで植樹 「おつかれさまでした」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ゆっくり楽しみながらやってます」 と、ほっこりする雰囲気の参加者
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
子どもたちも参加して、しっかり植樹してくれました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「仲間と一緒に森づくりや森林観察をするのが楽しみ」 と朗らかな参加者
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
段取りも手際よく、サクサク植樹!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フィールドで見つけた大きな切り株
「この線1本の幅が1年分の成長で年輪といいます。この太い樹は70〜80年位の樹齢だったんだよ」
「へーっ、すごーいね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2006年に植樹したアカエゾマツ、太陽に向かってスクッと伸びています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
10年前に植えたアカエゾマツも日差しが眩しそう? 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スッキリと晴れわたり支笏湖が一望できる一日でした